吉田親家 アコーディオン門下生による3かいめの 発表演奏会

◆開場 13:30 開演 14:00

◆会場

ムジーク シューレ (内本町グリーンビル 5階)

地下鉄谷町線 谷町四丁目駅 3番出口 (階段出て左手すぐの階段) より 徒歩 7分

◆入場無料

『コロナのため2年も発表会が中止になりました。みんな一生懸命練習をしてきましたのに、とても残念でした。今年は、コロナに気をつけながら「秋」に開催します。3かいめも あったかくて 小さなコンサートです。出演者みんな一生懸命演奏いたします。お楽しみに お気軽にお出かけいただければとても幸せです。お知り合いの方をお誘いください!! 吉田親家』

※ライブではありませんが、吉田親家先生の発表会3年ぶりとなります。アコーディオン独奏でハチャトゥリアンの小品と吉田先生編曲のアルベニスの小品を弾きます。それから!こちらも久しぶりのアコーディオンデュオ(小野寺さん♪&丸尾)で一曲演奏します。

(近頃日中の仕事で疲労していて練習不足ではありますが、精一杯頑張って演奏します!)

※延期 前橋市 虫の音にて

9/10のライブ、
残念ですが、延期となりました。
虫の音、サトチエさん早く良くなりますように✨皆様もお身体に気をつけて下さい。

◆出演
犬風
丸尾丸子
そのあたり三角

18時開場19時開演
¥1500+オーダー

※北浦和に続き犬風さんのツアー中にご一緒させていただきます。
SSWサトチエさんの素敵なお店、前橋市にある虫の音でのライブです。お店には可愛い豚さんもいるようです。

@北浦和 居酒屋ちどり

◆出演
丸尾丸子
犬風

open 19:30 start 20:00
投げ銭(要ドリンクオーダー)

izakayachidori.com

※ 犬風さんのツアー中

北浦和 居酒屋ちどり、

ご一緒させていただきます。
機会をありがとうございます!!

初めての北浦和での丸尾丸子ライブです。

初秋に。

“声を出しながら口琴するサハ共和国のスタイルを研究する” レクチャーandワークショップ

※徳久ウィリアム氏の企画するワークショップに 口琴弾き歌いの人 としてお邪魔させていただきます。詳細はリンク先のイベントページをご覧ください。
https://smart.reservestock.jp/event_form/index/730021

以下、イベントページより抜粋し載せております。

—–

このような方が対象です >> サハ共和国の口琴スタイルに魅惑されている人

期待できる効果 >> 日本国内では、やっている人がほとんどいないあのスタイルについて知るチャンスです

サハとは違うスタイルではあるけども、口琴を演奏しながら声を出すことをやっている
ボイスパフォーマーの徳久ウィリアムと、

世界口琴名人も選ばれ、サハとも所縁の深い、
日本口琴協会代表の直川さんと、

誰に習うことなく、独自に口琴を弾きながら歌う、というスタイルを確立した、
丸尾丸子さんをゲストに、

この、声を出しながら口琴を演奏するテクニックについて、基本から始まり、色々模索するワークショップを企画しました。この機会をお見逃しなく!

2022年8月21日(日)
開場13:30 開始14:00 終了 16:00

場所 : 北二町会会館(zoomでのオンライン参加も可能) 品川区北品川2丁目8−11
ホームページ
地図アプリで開く

定員 10名

参加費 : 5,000 円 (当日のキャンセルはキャンセル料100%)

—-

吉祥寺 MANDA-LA2

●SAWADA : snare drum solo
http://www.snaredrumsolo.com

●丸尾丸子(vo.accord)
https://maruomaruko.com

●大口沙世(vo.pf)
https://okuchisayo.com

開場18時30分 開演19時30分
¥2200+ドリンク19時

※6/26(火) 澤田守秀さんのご紹介でライブさせていただくことになりました。初めてのMANDA-LA2です。よろしくお願いします。

第36回 ふれあいこんさあと ビバアコーディオン

VIVA・ACCORDION

チラシより 〉〉『西日本のアコーディオン教室、グループ、同好会などを中心に、アコーディオンの演奏を楽しみ、学び合い、交流親睦を目的に始まったびビバアコーディオン”ふれあいこんさあと” 36回を迎えます。アコ仲間が集まり、独奏、重奏、アンサンブル、合奏といろんなスタイルのアコーディオン演奏が楽しめます。懐かしいアコーディオンの音色で音楽をたのしみませんか。』

場所 松原市文化会館 (近鉄南大阪線 各停「高見の里」下車徒歩7分)

♪入場無料♪

12:30 開場
13:00 開園

主催・全関西アコーディオン協会・ビバアコ実行委員会

※第34. 35回はコロナ感染拡大の為中止となり、3年ぶりのビバアコ開催!とても楽しみです。アコ独奏2曲(クラシックとタンゴ)、ベースとの重奏2曲(ピアソラとシヴーカ)を演奏します◎ 関西リターン2daysです。

@京都 大粒の泪「CV-GATE 京都」


出演
2o2+森田雅章+加納佐和子
丸尾丸子+矢田伊織
三木英男
豊永亮+宮本隆+竹内圭

開演&開場19:15
1500円+ドリンク代

京都 大粒の泪 (京都市堀川丸太町交差点 京都二条ハイツB1)

※5月の大阪に続き、6月は京都行かせてもらいます!帰。
デュオで、インストと弾き語り半々の予定です。
森田さん有難うございます!

『魚醤かけすぎなにわのルーティーン』@Namba BEARS

open 18:30 start 19:00 adv ¥2000 door ¥2300

▼出演
はにゃうにゃリミテッド
(はにゃうにゃ+丸尾丸子+Kazuo+Yuki)
LOVELOVE
虻蜂とらず
丸尾丸子

※めっちゃ急ですが!!
5/1(日)@難波ベアーズ
はにゃうにゃリミテッド参加と
丸尾丸子ソロで
大阪行きます!嬉泣

よろしくお願いいたします。

「Light vol.5」@阿佐ヶ谷ハーネス

◉ 山際英樹 (割礼 / 血と雫)

◉ うすらび (利光暁子、川口雅巳、諸橋茂樹)

◉ 丸尾丸子

開場 16:00 開演 16:30

予約 2,000円 当日 2,300円 共に+ドリンク代

ご予約はハーネスのサイトからお願い致します。

livebarharness.web.fc2.com/contact.html

柿崎氏Twitterより 「新譜&復刻盤を2作同時リリースしたばかりの山際英樹さん、先頃ファーストアルバムをリリースしたうすらび、今年になって京都から関東に拠点を移された丸尾丸子さん。良いタイミングで素晴らしい組み合わせのライブを企画できました。まだ少し先ですがよろしくお願いします!   企画 カキザキ」

※3年ぶりの阿佐ヶ谷ハーネスです。今回も柿崎さんに企画頂きました。感謝でいっぱいです。この頃にはコロナ感染が今(9月頭)よりも収まっていることを切に願っています。まるお

徳久ウィリアム企画ライブVOL.3『都会の民族音楽』

OPEN 12時 START 13時

会場:CON TON TON VIVO https://contontonvivo.com (四谷三丁目)

出演者

KAMOSU

徳久ウィリアム

まるおまるこ

▼値段:前売り2500円 当日3000円

※要1Dオーダー

▼出演者プロフィール

KAMOSU

ホーメイや口琴、イギルといったアジア中央部の楽器奏者である尾引浩志と、タブラ奏者パーカッショニストの喜名風人、シンガーソングライターの善財和也によるトリオ。

異国の楽器を用いながらも、現代の東京から発信される等身大な音楽を奏でている。

2016年、東京の酒蔵「豊島屋酒造」にて初ライブ。2017年、2018年、橋の下世界音楽祭に出演。

2017年、1st Album『醸』をリリース。

2020年6月、2nd Album『Reborn』をリリース。

9月、シングル『曼珠沙華/かまわぬ』リリース。

2021年6月 ミニアルバム『十六夜』リリース。

https://www.kamosu.asia

KAMOSU

「夢」 by KAMOSU

まるおまるこ

アコーディオンの深い呼吸と共に、または口琴と共振しながら弾き歌います。ひっそりと静かに爆発します。

2021年拠点を京都から神奈川に移しました。

maruooo

しばやまの夢 – 丸尾丸子とみやけをしんいちと矢田伊織

徳久ウィリアム

声を使った音楽的表現で、ヒトのココロと身体と、自然の原理・原則の体現を志向するボイスパフォーマー。

モンゴルやトゥバの倍音唱法「ホーミー」「ホーメイ」、モンゴルのオルティンドー、イラン/ペルシャのタハリール唱法などの民族音楽的発声から、デスボイス、独自のノイズボイスまで、特殊発声を得意とする。

声を通して、ヒトのココロと身体の原理/原則を体感し、未知の可能性を追求するレクチャー・ワークショップにも力を入れている。

ご予約

(問い合わせ用フォーム)

https://t-william.net/np/usf/75rzh0dk1Z22ig.html

お店のサイトからご予約ください

https://www.contontonvivo.com/reservations

※ あらゆる発声方法で声を操られるボイスパフォーマー徳久ウィリアムさんの企画ライブ第3弾にお呼び頂きました。 日本の倍音音楽の第1人者、倍音Sの「尾引浩志」さん率いる「KAMOSU!」。すごいところにお邪魔いたします。大変な時期ですのでなかなか気軽にお越しくださいとは言えませんが、このような場を頂き感謝でいっぱいです◎ まるお